僕はこの方法で『疲れずマイペースに稼げる側』になれました。

自発力

『ビジネス始めたはいいけど周りは競合ばっかりでイマイチ成果が出ない・・・』

『周りは成果出てるのになんで自分だけ・・・』

『どうしたら稼げる側に回れるのかな・・・』

そんなあなたの心の声に応えます。

僕に7分だけください。

 

みんなが絶賛してる
稼げるノウハウを買って実践しても
周りは稼げてるのに
自分は全く稼げる気配がない…

 

なんで自分だけ?
なんで成果が出ないんだ?
自分はビジネスのセンスがないのか…
自分が稼ぐなんて夢のまた夢だったのかな…

 

そんな周りの成果を気にする稼ぎ方に
気づかないうちにうんざりしてませんか?

 

流行りの稼げる情報をずっと取りに行ってるだけでは
そこから抜け出すことはできませんし、
あなたが自分のビジネスに集中して取り組めることはありません。

 

いつまでも周りの同じ稼ぎ方をしている人と成果や実績を比べて
一喜一憂するそんな毎日が繰り返されるだけです。

 

「その原因はなんなのか?」

 

僕の回答は

「テンプレの稼ぎ方をしているから」

 

じゃあ、「テンプレの稼ぎ方ってなんなんだよ?」と。

 

テンプレの稼ぎ方とは

『教材や教えられた通りにだけ、自分の考えなしに実践している
競合がたくさんいる稼ぎ方』

です。

 

よくある

    「Webサイト制作ならこの方法が稼げます」
    「物販ならこの方法一択です」
    「僕が成功したブログ成功ロードマップ」
    「この方法を実践すれば確実に月〇〇万円稼げるようになります」
    「再現性抜群の上位3%しか知らない秘密の稼ぎ方です」

みたいなやつです。

 

僕がもれなく実践して稼げなかったものばかりです・・・

 

そんな楽しくないビジネスに突入しないように

今回の記事では

    ◉なんでテンプレが稼げないのか?
    ◉マイペースな小型起業の作り方

この2つについて書いていきます。

少しのお時間お付き合いください。

それでは書いてきますね。

 

◉なんでテンプレが稼ぎずらいのか?

 

これはいうまでも無く

 

「あなたを選んでもらう理由がないから」

 

です。

 

そもそも、ビジネスとは

 

「誰かの悩み・問題の解決」ですよね。

 

これは発信されすぎて耳タコだとは思いますが、
あえて原点に戻る意味も込めて書きますね。

 

「自分は誰のどんな悩みをどんな方法で解決できるのか?」

 

これに集約されます。

 

で、

    ①実際に困っている人をリサーチし
    ②その人にサービスを提供して
    ③悩みや問題を解決した対価として報酬をいただく

 

しかし、
この視点には抜けてる箇所があります。

 

ちょっと考えてみてください。

そもそも「困っている人」
「実際に価値提供する」には、

どんな流れがあるのか?

 

僕なりの考えは「6ステップ」あります。

これから見てみましょう。

 

    1、自分が持っているスキル経験知識から
    どんなことができるのか?を考える。

    2、自分ができることで解決できるお悩みを見つける。

    3、実際に解決できるお悩みを持った人の求めている解決策を探す。

    4、自分のサービス・商品を考える、つくる

    5、お悩みを持った人に「あなたに解決してほしい」と選ばれる。

    6、お悩みを解決する。

    結果、解決した対価として報酬をもらう。

 

これが一連の流れです。

 

気づいた方もいるかもですね。

 

先ほどの①から③の流れでは

「足りない箇所」があるんです。

 

それは

「困っている人に選ばれる」

このフェーズが抜けてます。

 

いくら自分がその悩みを解決できても
悩んでる人に「あなたに解決してほしい」と選んでもらえなければ 
解決する機会もなくなります。

解決できないんじゃあ報酬も発生しない。

結果的に稼げない、成果も出ない。

こんな流れになってしまいます。

 

それがテンプレの稼ぎ方では成果がでずらい原因。

「あなたを選んでもらう理由がないから」

につながります。

 

 

ここで「テンプレ」の意味について少し

テンプレつまり「テンプレート」

の意味は
「定型文、雛形、決まった様式」

または
「ありきたり、画一的、似たり寄ったり」

もっと簡単にいうと

「元ネタになるお手本」

です。

 

デザインなんかでよくありますね。

 

誰でも簡単にキレイなデザインを同じように作れる決まった形・デザインのサンプル

「Canva」

によくありますね。

 

例えば
YouTubeサムネのテンプレートみたいなデザインとか
ブログのバナーのテンプレートデザインとか

 

ようは「似たようなものが作れる」というわけ。

 

これをビジネスで考えると

テンプレのビジネスモデルとは

「ありきたり、画一的、似たり寄ったりなビジネス」

と表現を変えることができます。

 

これを先ほどの
価値提供して対価をいただく流れを考えると

価値提供する機会をもらうためには

「相手から選ばれないとダメ」な、わけですよね?

 

しかし、
テンプレの稼ぎ方では
「似たり寄ったり、ありきたり」

そうなってしまいます。

 

つまり、

「他にもたくさんいる」
「同じことをしている人がいっぱいいる」

そんな状態です。

 

例えば

商店街の中に同じコンビニ、例えば○ーソンがずらっと並んでいたとします。

 

 

歩いていて喉が乾いたあなたが
「なんかコーヒー飲みたいな」
と思った場合、
どこを選んでも一緒。

どこに入っても同じ商品が並んでいるんですから、
特定のお店を選ぶ必要はありません。

 

あなたからしたら

「どこでもいい」

となるのは当然です。

 

「決定的な理由」がありませんからね。

 

逆に、
そのコンビニが乱立している商店街で

 

「美味しいコーヒーがたくさん置いてあるコンビニ」

みたいなのがあったらどうでしょう?

気になりませんか?

 

または別の例えで

    「100円均一のコンビニ」
    「高級食材しか置いてないコンビニ」
    「スイーツだけのコンビニ」

 

みたいのがあったらどうでしょう。

 

ちょっと気になりませんか?

 

    「できるだけ安いものが欲しい」
    「少し値段は高くなってもいいから、より美味しいものを食べたい」
    「とにかく、たくさんのデザートを食べたい、選びたい」

 

そう思っている人に選ばれる可能性は高くなります。

 

これが抽象的には同じ「選ばれる理由」です。

 

この
「どれでもいい・どこでもいい現象」
競合だらけの稼ぎ方・テンプレの稼ぎ方で起こっています。

 

あなたを選んでもらう

 

「決定的な理由がない」

もしくは

「決定的な理由を作れない」

 

それは「価値提供する機会をもらえない」ということ

 

つまり

「成果が出ない」
「稼げない」

これが競合だらけ、テンプレのビジネスが稼ぎずらい原因です。

 

有名な実力者やインフルエンサーが発信しているような

    同じようなBrainを発売したり
    同じようなアフィリエイトしたり
    同じようなブログを書いたり
    同じようにWebサイト制作したり
    同じように物販したり

残念ながら、
それではあなたが選ばれることは一生ありません。

 

成果が出たとしても
一時的なものです。

 

そこから抜け出す方法として

僕は

「マイペースにできる小型起業」

という形で解決策を提案しています。

 

では

◉マイペースな小型起業とは何か?


それは

    小さくても
    あなたが提供できる価値を発見して
    あなたが解決できる1人をイメージして
    そのたった1人に選んでもらうようなビジネスを作ること

もう少し詳しくいうと

    小さくても
    あなたのこれまでの知識経験スキルから
    あなたにできる「価値提供」を見つけ、
    あなたが1番解決できるピンポイントな悩みや欲求を持った人に選ばれるような
    あなたにしか提供できない「悩みが解決できた」「欲求が満たされた」という未来を提供すること。

です。

 

ざっくり言うと

「自分が提供できる価値を見つけて
自分が1番に解決できる悩みを持った人を考えてビジネスを作れれば
周りを気にしないでビジネス活動続けられるよね。

だって、その人のことを一番理解していて、一番自分が役に立つ存在なんだから。」

ということですね。

 

でも、ここで

「自分にビジネスを作るなんて無理…」

そう感じた方もいるかもですね。

 

ですが簡単に考えましょう。

 

例えば

あなたが普段営業として仕事をしていて
それなりの年数を営業職として経験しているとします。

 

 

となれば
「営業」としてあなたが持っている「考え方」「コツ」「対面でのスキル」
などなど、「今まで蓄えてきたモノ」が必ずあるはずです。

 

それを
「今現在、成績不振で今にも会社から解雇されそうな営業マンに向けて
あなたの知識や経験、営業スキルを伝えて今の問題を解決してあげる。」

 

または、
「これから会社に縛られず、個人で稼いでいきたいけど
今まで営業なんてやったことがない工場勤務のサラリーマンに向けて教えてあげる。」

 

どうでしょう?
困ってる人からしたら嬉しいと思いませんか?

「ありがとう、助かった。」

と思ってくれそうじゃないですか?

 

そう、
それだけで十分価値提供はできます。

 

その「伝える手段」として

・Brainなどでコンテンツを販売したり
・ココナラなどの場所で販売したり
・一対一のコンサル形式でサービス提供したり、

もしくは、
あなたの営業マンとしての視点から
オススメできる「Brain」とかがあれば
「アフィリエイト」するのもありです。

 

その場合は
あなたの考えや視点から「足りない部分を補う形」の
「特典」を付けてあげるとさらにいいですね。

 

こんな感じで

    ・自分の価値を発見
    ・自分の価値が生きるジャンルを考える
    ・選んだジャンルで自分の解決できる悩みを発見
    ・自分が一番悩み解決できる人をイメージ

これができれば
あなたが選ばれるビジネスはつくれます。

 

もっと簡単に表現すると

あなたは

    ・どんな人に
    ・どんな価値を
    ・どう提供できるのか?

ここが基本です。

これをしっかり考えましょう。

 

それを踏まえて

ここから「具体的なビジネスの作り方」を解説します。

 

やることは4つ

 

    1、自分の価値を見つけること(自分の人生の棚卸)
    2、自分が一番活きるジャンル・市場の決定(市場・ジャンルの選定)
    3、価値を具体化した商品の作成(自分だけの有料サービスの作成)
    4、商品を必要としてくれるペルソナの具体化(市場の中の自分が1番問題を解決できるペルソナさんの設定)

この4つ。

ではそれぞれ詳しく解説です。

 

自分の価値を見つける(自分の人生の棚卸し)

 

ここは「自分との対話や今までの人生の深掘り」です。

 

いくつか深掘る項目はあれど、
ビジネスに活かすとなったら絞られます。

 

具体的には

    ・今までの仕事経験は?
    ・特技は?
    ・趣味は?
    ・1番お金と時間をかけたものは?
    ・成功体験と呼べるものは?
    ・自分が1番努力した、頑張ったと思えるものは?
    ・自分がめちゃくちゃ興味を持って自分から調べて行動したものは?
    ・自分が没頭したものは?

などなど

 

とにかくたくさん書き出しましょう。
多ければ多いほどいい感じです。
それがあなたのビジネスを作るヒントになりますから。

 

「なんでこの項目か?」

というと
この質問で出た答えが
あなたが「他の人と差のある分野」「知識経験スキルの可能性が高いから」です。

 

「ビジネスとは誰かのお悩み解決」

である以上、

「他の人との差がどこにあるのか?」
「自分はどんな役に立てるのか?」

ここを客観的に見つけないと価値は提供できません。

 

それを見つけるために上記のようなことを深掘ります。

 

やるべきこととしては
各項目で上位3つか5つくらいのランキングで書き出せればベストですね。

 

※ここをもっと詳しく書き出すためのワークシートを
配布中のコンテンツ内や公式LINE内で共有中です。
自分でしっかり取り組みたい人は覗いてみてください。

こばの公式ラインへ

 

つぎに、そこから
書き出したものに対して「なんで?」と疑問を投げかけて、

    ・なんで頑張ったのか?
    ・なんで興味があるのか?
    ・どうして成功したのか?

などなど、理由を探ります。

 

その理由をできるだけ深掘ります。

 

あなたが「もう無理」と思ってからが勝負です。

ここで出てきた理由があなたが一番共感できる、
悩みや欲求を持ってる人(ペルソナさん)の可能性が高いです。

 

この理由はなんでもいいです。
ここでも、とにかくたくさん書き出しましょう。
どんなにくだらないと思う理由でもOKです。

とにかく考えを深ぼっていきます。

気にせずドンドン書くのがポイントですね。

 

ちなみに
これは後から出てくるペルソナさんの設定にも役立ちます。

 

では、次に進みますね。

 

自分の価値はどの場所で一番活きるのか?(市場・ジャンルの選定)

 

ジャンル選定や市場選定のパートです。

 

今まで書き出したものから

    ・自分の強みになりそうなもの
    ・得意なこと
    ・経験値が高い分野、ジャンル
    ・自信があるスキルや経験値

いろいろ発見できたと思います。

 

そこから次は

「自分はどんな分野に行ったら1番価値提供ができそうか?」

これを考えます。

 

例えば

これまで「勉強関係」で自分は頑張ってきたみたいだ。

だったら受験や成績アップなどの市場に行ったら価値提供できるかもな…。

 

もしくは、
これまで恋愛系でコンプレックスがあってめちゃくちゃ努力して
彼女もできるようになったし、自分に自信が持てた経験がある。

それなら自分と同じように恋愛で自信のない人にだったらアドバイスできるな…。

とか。

 

これはわかりやすい例ですけど、
考え方としては一緒です。

 

でも、
たくさん書き出したと思うので迷うかもですね。

「結局どれがいいんだ?自分じゃ決められない!」って。

わかります。

 

そんな時は

「HARMの法則」
「今の自分が提供できる価値」

この2軸から考えてジャンル選択してみてください。

 

 

【「HARMの法則」とは?】

・health(ヘルス 健康・美容系)
・ambition(アンビション 夢・キャリア形成・将来のこと)
・relation(リレーション 人間関係・恋愛・結婚・職場・友人関係)
・money(マネー お金・借金・ビジネス・投資・稼ぎ方)

頭文字をとってHARMの法則です。

 

この4ジャンルが収益化しやすいジャンルと言われているので、

4つの中なら自分はどこで価値提供できそうか?

それを判断基準にしてもOKです。

 

例えば・・・

「継続が得意」✖️「自分の体改善に成功したことがある」
筋トレ(ヘルス)が続かない人に向けて継続できる筋トレ法を教えるとか。

 

「集中力を高めることが得意」✖️「大学受験に成功してる」
受験生(アンビション)に向けて集中力を高めて成績をあげる受験に特化したサービス提供とか

 

「人と打ち解けるのが得意」✖️「職場の人間関係の悩みを改善したことがある」

同じように職場の人間関係(リレーション)で困っていて
今すぐにでもやめたいけど、家庭もあってやめられない状況にある人に向けて人間関係改善のコーチングとか

 

「SNSが好き」×「ハンドメイドで小さくても稼いだことがある(0〜1突破済み)」

自分でビジネスがしたい(マネー)&手先が器用
そんな人に向けて
一から自分で商品を作ってネット上で売る方法を徹底指導する先生

 

などなど。

こんなイメージで考えればいくらでもビジネスは作れます。

 

それでもジャンルや市場が決めきれない
というあなたは、
さらに以下のポイントで比べてみてください。

    ・緊急性が高いのは?
    ・悩んでる人が多いのは?
    ・自分が続けられそうか?(興味があるか?)

あなたが参入しようとしているジャンル・分野の困ってる人はどんな状態でしょうか?
緊急性が高ければ「今すぐ客さん」になりやすいですし、
悩んでる人が多ければ、見込み客さんが多いです。

 

あなたがこれから参入しようとしているジャンルはあなたが興味のあるジャンルでしょうか?

自分が続けられそうというのは
ビジネス自体それなりの継続が必須です。

 

なので、
根本的に自分が興味があって、かつ続けられそうなものを選ばないと
そもそもマネタイズまで走りきれない可能性が高いです。

 

以上を踏まえて
あなたが価値提供していくジャンル、市場を選んでみましょう。

 

ちなみに、自分で挑戦してみたけど、

「なんか違う・・・」

って思ったら軌道修正や違うジャンルに行くのは大いにアリです。

 

「まずはやってみる」

 

この考え方を持ちながら、ぜひ勇気を持ってどのジャンルで価値提供していくのか
自発的に決めていきましょう。

 

価値を具体化した商品の作成(自分だけの有料サービスの作成)

 

次に自分の見つけた価値と参入していくジャンルが決まったら

「実際にあなたのサービス・商品がどんなものになりそうか?」

その大まかなイメージ、コンセプトを決めていきます。

 

そのために
ここで、「こば」が実際に使っている商品作成のフレームワークをご紹介。

 

「商品の4S」というフレームです。

 

    ・始点 「誰を」
    ・終点 「どんな状態まで連れていくのか?」
    ・手段 「どんな方法・手段を使って」
    ・証明 「なんであなたが連れて行ける存在なのか?その根拠」

この頭文字を取って「4S」です。

 

「あなたのサービスは
どんなことに困っている人を
どんな根拠をもとにした
どんな方法を使って
どんな状態・悩みを解決した未来まで連れていくのか?」

ということをわかりやすく説明したのがこのフレーム。

 

現在の僕が出しているコンテンツは、ほぼこの考えで作っていますし、
クライアントさんと商品を作るときにも使っている
実用性MAXのフレームワークです。

 

それを今回共有していきます。

 

ですが、まずはここで
商品の大事な考え方をお伝えしておきます。

 

それが

「商品やサービスは交通手段である」

という考え方。

 

「何それ??」って思うかもですがお付き合いください。
ちゃんとビジネスに繋がります。

 

で、

「どんな場所からどんな場所まで連れていくのか?」

そのための乗り物という考え方ですね。

 

前提としてペルソナさんは
「商品・サービスを購入したい」のではなく

あくまで
「今と理想」
「現実と叶えたい未来」

その距離を埋めるために商品・サービスを購入します。

だから
「商品・サービスとは
今の地点から理想までペルソナさんを運ぶ乗り物」

そういうイメージです。

 

つまり、商品・サービスを作るということは

「あなたの乗り物はどんな乗り物なんですか?」
「私をどこからどこまで運んでくれるんですか?」

ということを伝えなくてはいけません。

 

例えば
あなたの乗り物(サービス)は

「東京から大阪まで最短時間で到着できる乗り心地のいい飛行機です」

と言った場合
これを4Sに当てはめると

 

    ・始点が東京
    ・終点が大阪
    ・手段が速くて乗りやすい飛行機
    ・証明が飛行速度が時速○〇〇キロで飛べるので、現状一番早い乗り物です。かかる時間も○時間で抑えられます。
       しかも、シートにはこんないい素材を使ってますから座り心地も最高です。

と言った表現になります。

 

これをビジネス

わかりやすく「こばのサービス」に当てはめて考えると

    ・始点
     自分の商品を持てずにテンプレの競合だらけの稼ぎ方しかできなくて困っている人

     

    ・終点
     独自サービスを作ることで、 周りを気になくてもいい、
     ストレスフリーな状態で月30万まで到達できる自分だけのビジネスができるようになる。

     

    ・手段
     サラリーマンからでもできるマイペースな小型起業

     

    ・証明
     最初から小さく自分の強みを活かしたビジネスを作ることで月1万円〜月30万円までの過程を
        ストレスフリーに周りの成果報告とかを気にすることなく今まで一度も挫折しないで達成できているから。
        しかも、クライアントさんも自分の商品・サービスでしっかり成果を出してくれている。

   
となります。

 

あなたの商品・サービスがペルソナさんから「選ばれるために」

この流れをあなたにも再現してもらいます。

 

「いやいや、無理だから・・・」

と感じるかもですが、
一から解説してきますので、
まずは解説した流れを辿りながら、

あなたが作ろうとしている商品・サービスの4S

もしくは

現在展開しているビジネスの4Sを改めて考えるきっかけにしてくださいね。

 

では、商品の4Sについて、それぞれ解説していきます。

 

始点

 

始点とは言わずもがな、

「あなたが価値提供していこうとしている人の現在の状態」です。

 

    「誰」
    「どんなことに悩んでいるどんな人」
    「どんな場所まで行きたいと思っている人か?」

 

ですね。

 

「自分の想定するペルソナさんがどんな悩みを持っていて
どんな未来を欲しいと思っているのか?」

 

それをハッキリ示していきます。

 

僕の中で考え方には2つあって

    ・大きな始点
    ・絞った始点

この2つ。

 

イメージがつかないと思うので

こばの例で説明します。

 

簡単にいうと

    ・大きな始点=ターゲット
    ・小さな始点=ペルソナ

です。

 

僕の場合は
プロフィールの冒頭の一文

「競合だらけのテンプレ・不安定な稼ぎ方から抜け出そう」

これが絞った始点です。

 

ようは

「競合だらけのテンプレな稼ぎ方で稼げていない人」
「テンプレの稼ぎ方じゃなくてちゃんと自分のビジネスを持ちたい人」
「自分の現状がライバルが山のようにいるのに気づかずに、いつの間にかジリ貧になってる人」

とかとか。

 

「そんな人を助けますよ。」とアピールしてます。

 

で、大きな始点というのが

「自分で稼ぎたいけど稼げていない人」

となります。

考え方として

大きな視点(ターゲット)から考えて、
自分が助けられる絞った始点(ペルソナさん)を設定することで、
より価値提供したい人を選んでるわけです。

 

これがターゲットさんからペルソナさんに絞った視点になります。

絞ることであなたを選ばれやすくなりますし

テンプレじゃ稼ぎすらいのは「選ばれる理由がないから」でしたよね。

 

だから、
ペルソナさんから選ばれるためにも
ピンポイントな悩みに絞って始点を設定することが大切になるんです。

 

ここに当てはまる人が
「僕の一番価値提供できるペルソナさん」になります。

 

なので、
僕のプロフを見て反応してくれた人は
少なからず僕のペルソナさんと属性が近い人の可能性が高いということ。

 

上記のような悩みを持った人に対してピンポイントで価値提供できますよ。
と言えるんですね。

 

稼ぐ系以外で
例えば「恋愛系」の始点なら

「彼女ができなくて困っている人」

「大きな始点=ターゲット」

「コミュ障で彼女ができなくて困っている人」
「自分に自信がなさすぎて積極的になれず彼女が作れない人」
「彼女はできるけど、彼女の気持ちが理解できずにすぐ別れちゃう人」

がより「絞った始点=ペルソナさん」ですね。

 

この絞った始点にいる人に、いかにアプローチできるか?

ここが重要なポイントです。

 

なので、
あなたも自分の商品でマネタイズしたいのであれば
自分の商品に関係のある見込み客さんにしっかりアピールするために
ここの「始点」はしっかり表現しましょう。

 

・あなたの商品が一番価値を発揮する人はどんな人なのか?
・あなたの商品を必要としてる人はどんな状態の人なのか?
・あなたが一番助けられる人のスタートラインはどこなのか?

 

ここを考えましょうね。ってことです。

 

この始点を見て

    「これは自分に関係のある商品だ。」
    「自分の悩みを解決してくれそうかも。」

そんな希望と期待を持ってあなたの商品を見てくれます。

そのきっかけになるのが始点です。

 

終点

 

終点とは

「あなたがペルソナさんを連れていける
最終的なゴールのこと」

です。

 

ここはあなたの今までの経験や体験実績から

「到達可能と言えるもの」

を示しましょう。

 

例えば
僕の今までの経歴ですと、

・完全ゼロの状態から最短3日で報酬を得た方法(自己アフィリじゃないですよ)
・4ヶ月で月15万円を達成した方法
・5ヶ月で月30万円を達成した方法
・ストレスなく継続できるビジネスを実践中

 

こんな感じで、

そこからペルソナさんを連れて行けるゴール

    「自分の有料サービスを作ることでストレスなく継続できる月30万円に到達可能なビジネスの入り口に導くこと」
    または
    「自分の有料サービスを作ることでストレスなく継続できる月30万円に到達させること」

です。

 

達成までに学んだ

    ・独自商品を作り方
    ・自分の価値の発見方法
    ・自分が最大限価値を発揮しそうなジャンル選びのコツ
    ・ビジネスを続けていく上での大切な考え方
    ・自分のビジネスのゴール設定法
    ・ペルソナ設定方法
    ・ライティング
    ・コンテンツ作成方法
    ・コンセプトの考え方
    ・SNS運用
    ・マインドブロックの外し方
    ・推し売りじゃないセールスの方法
    ・対面でのセッションのコツ

などなど

「たくさんのことを伝えながら(この部分は手段や証明になります)
ペルソナさんに自分の独自商品・サービスで成約に向けて
お手伝いして、
ペルソナさんに初成約を達成させる。」

 

ここが僕がペルソナさんを連れて行けるゴールです。

 

それをあなたに置き換えて

「自分はどんなことを伝えられるのか?」
「その伝えたことでどんな未来に連れて行けるのか?」

それをしっかり考えて行きましょう。

 

例えに出した恋愛系なら

始点が

    「コミュ障で彼女ができなくて困っている人」
    「自分に自信がなさすぎて積極的になれず彼女が作れない人」
    「彼女はできるけど、彼女の気持ちが理解できずにすぐ別れちゃう人」

これらのゴールは

    「コミュ障に特化した誰とでも打ち解けられるコミュニケーション方法を伝授して、理想の彼女を作って毎日が楽しい生活を」
    「内面からイケメンに変身させて自信を取り戻し、
    自分から積極的にアプローチできるようになって理想の彼女を作って最高に楽しい毎日を送ろう」
    「理論的に女心を徹底解説して彼女の気持ちに寄り添えるようなって気持ちが通じ合う理想の恋愛を楽しもう」

みたいなのがゴールになりそうですね。

 

ここでのポイントが

「始点と終点は同じ軸上でないとダメ」

ということ。

 

「どういうことか?」というと、

「視点からズレた終点だと一貫性がなくて選ばれない」

ってことです。

 

例えば
僕の始点

「競合だらけのテンプレで稼げていない人」

というから、終点が

「Amazonせどりで月50万円達成して脱サラしましょう」

だったら、「は??」ってなるじゃないですか。

 

Amazonせどりの中で独自の方法で競合と被らないって終点なら100歩譲ってありかもですけど、

基本的に競合がいる稼ぎ方ですし、
「せどり」というテンプレに近い稼ぎ方なのでライバルも多いはずです。

 

ではなくて、

「競合だらけのテンプレで稼げていない人」
を助けて、そんな人が望むゴールを考えると

    「自分だけのサービスを作る」
    「たった1人のペルソナから選ばれる」
    「競合がいない隙間を狙う」

そんなニュアンスのゴールが必要になります。

 

なので、

「自分の設定している始点から見て、終点は同一軸上にあるのか?」

これをしっかり意識して
始点と終点をつなげましょう。

ということでした。

 

一貫性がない発信だとブランディングにも関わるので、
ここはしっかり押さえておくべきポイントです。

 

手段

 

ここはあなたがゴールに連れていくための方法・手段です。

 

あなたはどんな方法を使ってペルソナさんをあなたが連れて行けるゴールまで導くのか?

 

それを伝える部分です。

 

乗り物の例で出ましだけど、

「具体的にどんな乗り物使うのか?」

って部分ですね。

 

新幹線か?
バスか?
飛行機か?
車か?

どんな乗り物を選ぶのか?です。

 

例えば
ビジネスで言えば

「月30万円を達成した未来につれていきます。」

これがゴールだとしたら、

「じゃあ、どんな方法で連れていくんですか?」

ってことですね。

 

その場合は

    物販
    ブログ
    アフィリエイト
    ライティング
    webサイト制作
    コンテンツ販売
    コーチング

などなど

ビジネスの種類だけ選択肢がある中で

「あなたは何を選ぶのか?」

ここですね。

 

僕こばの場合は

「マイペースな小型起業」

これで月30万円を達成できる未来につれていきます。
ということを表現しています。

 

ちょっと抽象的かもしれませんが
ようは副業としてではなく、

「せっかくビジネスするなら
「起業」というくらいの気持ちを持って取り組もうよ。
副業ってニュアンスじゃなくてさ。」

というのを暗に表現しています。

 

しかも、特定の稼ぎ方ではなく、
その人が提供できる価値をベースに
周りに振り回されない独自サービス・商品を作る方法をとってまして、

「自分しか提供できないサービスだったら
競合は少ないんだからマイペースにサービス展開できるよね。」

ってことを伝えてます。

 

ここでのポイントは

「自分の色をどう出すのか?」

です。

 

例えば仮に月30万達成させる手段が、単に

「コンテンツビジネスで達成させます。」

だった場合

これではその他大勢に埋もれて終わりです。

 

コンテンツビジネス流行ってますしね。

 

それじゃ選ばれません。

 

選ばれなきゃ価値提供する機会がもらえない=成果に繋がらない、でしたよね。

 

だから、手段にプラスして「魅力的な付加価値」が必要なんです。

 

「あなたの教えるコンテンツビジネスは「どんな」コンテンツビジネスなんですか?」

 

と訊かれてどう答えるのか?

この「どんな」の部分です。

 

例えば

    「再現性抜群」のコンテンツビジネス
    「誰でも簡単に始められる」コンテンツビジネス
    「初報酬まで最速」のコンテンツビジネス
    「一発で大きく稼げる」コンテンツビジネス

こんな具合。

 

「自分の理想につながるためには
どんな付加価値をつければ達成できるのか?」

こう考えると見つかりやすいです。

 

僕の場合の「どんな?」

「マイペースに」

ですね。

 

「競合がいないテンプレじゃない稼ぎ方」

なので、
それを達成させるには僕の場合は「マイペースに」というのが必要ですし、
今までの経験からストレスなくビジネスを継続しているという両方から
この付加価値を表現しています。

 

ここは僕と同じように
あなたがこれまで達成してきた実績や経験値、体験値から見つけられるはずです

 

ここまで深ぼって考えると
他者と被らなくなるので
よりマイペースにビジネスを継続できます。

 

まとめると

「あなたはあなたのゴールを達成するために
どんな付加価値のある手段を使って達成させるんですか?」

というのを考えていきましょう。

この付加価値が「あなたが選ばれる理由」にもなります。

 

証明

 

最後に証明です。

 

ここは簡単に今までの実績・成果です。

 

つまり

「あなたのサービスに価値があるということの根拠となるもの」

です。

 

例えばビジネスでいうと

    自分が稼いだ実績
    クライアントさんが達成した事例
    ビジネス歴何年
    相談件数がどのくらいある

目に見える成果ですね。

 

ただ、これいうと

「実績なきゃ無理じゃん…」

と思う方はたくさんいるはずですよね。

 

わかります。

僕も同じ実績が大きくなかったときに
アホみたいに悩みました。

「どうしたら実績作れるのかな…」
「どうしたら自分を選んでくれるかな…」

って。

 

でもですね、
ここは単に稼いだ実績じゃなくてもOKです。

 

「あなたが人よりも秀でているものは何か?」

ここを見つけて表現していけば大丈夫。

 

例えば

    1ヶ月の学習時間が300時間とか
    マーケティングの本を1ヶ月で100冊読んだとか
    知識投資○桁とか

これも使える証明にはなります。

 

それくらい知識を入れてます。学んでます。

ってことですから。

 

 

だから、初めにした「自分の価値を発見してもらう質問」

    ・今までの仕事経験は?
    ・特技は?
    ・趣味は?
    ・1番お金と時間をかけたものは?
    ・成功体験と呼べるものは?
    ・自分が1番努力した、頑張ったと思えるものは?
    ・自分がめちゃくちゃ興味を持って自分から調べて行動したものは?
    ・自分が没頭したものは?

みたいな質問をしています。

 

これってつまり証明がしやすいもの
ってことなんです。

 

これくらい自分が真剣に取り組んだものだからこそ
長い時間を使ってきたから
しっかりした知識ノウハウがあるという根拠にもなるし
実践での経験値も高いし
自信も持てるし
実力証明にもなるし
他と差が生まれるものになるんです。

 

だから、

「今までの人生の中から自分の価値を発見した方が
より独自のビジネスとして作りやすかったりします。」

 

そんな理由から、
まずは自分の価値を再発見して
そこからビジネスとして構築していくルート
を僕は採用しています。

 

以上が一連の「商品の4S」についての解説でした。

 

ここまで読んでいて気がついた方もいるかもですね、

 

実はこの「商品の4S」これ自体があなたの「商品のコンセプト」をより深めるものになってます。

 

特に「機能的な部分のコンセプト」ですね。

 

「どんな人の役に立つのか?」
よりピンポイントな悩みを持った人に届くようにアップデートされています。

 

例で出したこばの発信、稼ぐ系場合

この4Sを設定していないと

    「自分で稼げない人に自分で稼げるようになる方法を教える人」

程度のコンセプトだったのが、

 

4Sを設定することで

    『自分の商品を持てずにテンプレの競合だらけの稼ぎ方しかできなくて困っている人が
    独自サービスを作る
    「サラリーマンからでもできるマイペースな小型起業」
    を採用することで周りを気になくてもいい、ストレスフリーな状態で
    月30万まで到達できる自分だけのビジネスができるようになります。

    その結果として
    最初から小さく自分の強みを活かしたビジネスを作ることで月1万円〜月30万円までの過程を
    ストレスフリーに周りの成果報告とかを気にすることなく今まで一度も挫折しないでこば自身が達成できていますし
    しかも、クライアントさんも独自ビジネスのスタートラインとして、
    自分の商品・サービスでしっかり月1万円〜3万円くらいの成果を出してくれています。』

このように進化できてます。

 

つまり、
コンセプトとは
「目的」ではなく、

    「始まりから終わりまで一貫してブレることのない基本的な方向性。」
    「物事に取り組む際の思想・姿勢・方針です。」

 

ペルソナさんはコンセプトを見て自分に関係あるか?それとも必要ないか?

を判断しているので、
あなたが自分の商品をつくるなら必ず考えなくてはならない部分です。

 

「そんなこと自分には無理だ・・・」

 

と感じるかもですが
この「商品の4S」をしっかり定義できれば
商品・サービスレベルでのコンセプトは作れます。

 

このコンセプト自体がペルソナさんがあなたを選ぶ理由になりますし、
選ばれるということは、
あなたが自分の商品・サービスでマイペースにビジネスを継続できる理由です。

 

「選ばれなければ、成果につなががりずらい」

というのは何度もお伝えしていると思います。

しっかりした成果・結果を得たいならこの4Sを定義して、
あなた自身が選ばれる側になりましょう。

 

ちなみに、コンセプトも階層があり、段階ごとに考え方があって、奥が深すぎます…
ここでは一旦、「あなたのペルソナさんが持つ目標を達成させるための、あなたの独自商品をわかりやすく表現したもの」
という認識でいてください。

コンセプトについては改めてコンテンツ作ります。

 

次は最後のパートにして最重要な

「ペルソナ設定」

です。

 

商品を必要としてくれるペルソナさんの具現化

 

最後にあなたの商品でお悩み解決できるペルソンさんの具現化です。

「どんな人にだったら一番自分が価値提供できそうか?」

これを見つけていきます。

 

よく言われる「ペルソナさん設定」ですね。

 

ここでの一番のポイントが

「ペルソナさんの感情からの逆算」

です。

 

    ○あなたが提供するサービスでお悩み解決できるペルソナさんはどんな感情を持っているのか?

    ○その感情から、どうやってあなたのサービス・商品にたどりつけるのか?

 

これを徹底的にペルソナさん視点から考えます。

 

「いきなり考えろって言われても無理・・・」

という場合に有効かつ、必要なのが

「市場にいる顧客さんのリサーチ」です。

 

あなたが提供するサービスのジャンル・市場の中の人は

    ・どんな悩みや感情を持っているのか?
    ・どんなことを解決したいと思っているのか?
    ・実際に困っている問題は?
    ・どんな理想を実現したいと思っているのか?

もっと言えば、
「リサーチ結果からペルソナさん自身が気付いていないような
深い悩みにまでフォーカスできるのが理想」

です。

ここを見つけていきましょう。

 

「その悩みに対して、あなたのサービスならどんな切り口で役に立つのか?」

これを考えてアプローチしていきます。

 

ビジネスしていくなら
この「ペルソナさん」はめちゃくちゃ重要です。

なのに、深いところまで設定してる人は少ない印象です。

 

ペルソナさんの設定は
ターゲットという「塊」からさらに一歩踏み込んで考え、
実際に「目の前にいるくらいの臨場感を持った1人の人間」つまり「個」としての
感情や考え方、価値観、こだわり、悩み、理想、大切にしてるものなどを把握・理解することであり、
単に「ターゲットの深掘り」ではないからです。

 

よくあるのが

「30代前半の男性
中小企業に勤めて10数年の家族持ちの会社員」

これがターゲット。

 

ここから考えるペルソナが

    「32歳の中小企業に勤める中間管理職
家族4人と暮らし
    現在家のローンの返済に追われていて
    自由に使えるお金がないからビジネスを始めようと思った。」

ペルソナさんの設定って
こんなイメージじゃないですか?

 

これでは正直、感情からの逆算やペルソナさんの「物語」が見えてきません。

 

感情が見えなければ、
そこから逆算して

    ・どんな悩みを解決したら嬉しいか?
    ・本当の理想は何か?
    ・なんで理想を叶えたいと思っているのか?
    ・そのためにどんなことをしてきたのか?
    ・現状がなんで理想に近づいてないのか?

などなど

たくさんの感情や物語の中で生まれる

「ペルソナさんの悩み」

イメージすることができません。

 

例えば上記のようなペルソナさんは

    ・どんな悩みやどんな未来を叶えたいと願っているのか?
    ・普段はどんな生活をしているのか?
    ・子供は何歳くらいでどんなライフステージなのか?
    ・どんなことを大切にしているのか?
    ・どんな価値観を持っているのか?

それをイメージしていくんです。

 

例えば、

「普段から仕事で上からは売上を上げろとプレッシャーをかけられ、
下からは「こんなに高い目標の仕事は厳しいです」と協力を得られず、
自分はどうしたらいいんだ、自分だってもっと伸び伸びと仕事がしたいんだ…と常に感じている。
そのせいで家でも何かと家族に厳しく当たってしまい、小学生の子供とも少し距離感を感じている。
このままではいけないと自分でも感じながら、仕事のストレスからうまく自分の気持ちをコントロールできない。
本当はもっと自分らしく生きていきたい。
もっと自由な生活を送ってみたい。
だけど、家のローンがまだまだ残っているから、仕事をやめて自分のやりたいことを仕事にする覚悟もない。
何より、自分が会社以外でちゃんと仕事ができるのか?
今まで同じ会社のサラリーマン一本で仕事をしてきたから、今の会社以外でやれる自信がない。
小さな金額でも、自分1人の力で稼ぐことができれば何か変化があるかもしれないな。
何より、自分に自信が持てそうだ。
自信が持てれば今の仕事でももっと堂々とふるまえるし、
仕事がうまくいけば家でももっと気楽に過ごせるかも知れない。
本当はもっと自信を持った堂々とした父親として振る舞いたい。
子供に誇れる親でいたい。
子供から尊敬されるような父親として過ごしたい。
今の収入以上に稼げれば単純に生活も楽になる。
自分の使えるお金も増えるし、家族に何かプレゼントも買える。
大きく稼げれば家のローンも早く返済できるかも。
会社に頼らなくてもいいくらい稼げれば会社に依存して、
上の顔色を伺いながら仕事をするストレスからも解放されるかも。
もっと自分らしく堂々と過ごせる人生は本来自分が求めていたものかも知れない。
そのためにもまずは自分で小さな金額でもいいから稼ぐ感覚を掴みたい。
でも、世の中の個人で稼いでいる人たちはどうやって自分1人でビジネスをしているんだろう?
わからない。
自分でできるビジネスの初めの一歩として何かいいものはないか?
詐欺的な稼ぎ方ではなく誠実に自分に合った何かいい方法はないものだろうか?
まずは簡単にネットから何か情報を探してみるか・・・。

みたいなのがざっくり考えたペルソナさんの感情の流れです。

 

こんな感じで
ペルソナさんが持っていそうな想いや感情やフラストレーションがイメージできれば

「そのペルソナさんが持つどんな感情や悩みに寄り添っていけば
あなたのサービス・商品が選ばれるのか?」

それを考えることができるんです。

ここかなり重要ポイントですからね。

 

こばの場合は
ビジネス系のジャンルで相談していく中で

    「自分らしい稼ぎ方とか自分のビジネスって難しいと思って初めから諦めている人は多いんだな…」
    「テンプレの稼ぎ方を実践してるのに稼げなくて辛い思いをしてる人って意外と多いんだな…」
    「副業って意識だから、ちょっと考え方が甘い部分があるのかも、それだと稼ぎずらいだろうな…」

というペルソナさんの感情的な悩みから逆算して
今のマイペースに続けられる小型起業というコンセプトになってます。

 

だから、
「自分の提供できる価値を必要としてるペルソナさんは実際にどんな感情的な悩みを持っているのかな?」

この部分から考えてみてください。

 

それでも、全くイメージできない「自分には無理」と感じるなら、
厳しいようですが「他者に対する興味・関心」が足りません。

 

ペルソナさんにもっと共感しましょう。
イメージできる材料を集めましょう、

 

ビジネスは相手がいて成立します。

 

あなた1人ではなんの価値も提供できません。

 

だから、
自分のフォロワーさんでもいいですし、
友達の中で自分のペルソナに近い人でもOKです。

 

とにかくたくさん話を聞きいてください。
その人が持ってる悩みを聞いてみましょう。

 

それが一番のリサーチになります。
ペルソナさんに近い人の生の声
これほど強力な情報はありません。

 

あなたの現実にいるペルソナさんと積極的に話をしにいきましょう。

 

自分が一番価値提供できるペルソナさんをイメージして
そのペルソナさんが持っているであろう
感情や悩みにどう寄り添っていけば
そのペルソナさんは自分のサービスに興味を持ってくれるか?
自分の商品を購入または成約してくれるか?

 

これを考えればあなたのペルソナさんに向けたマーケティング導線は組めます。

 

    ・ペルソナさんがどんなコンセプトなら興味を持ってもらえるか?
    ・どんなアカウントなら見ようと思ってくれるか?
    ・普段からどんな発信をしていれば信用してくれそうか?
    ・どんなコンテンツを出せば役に立ったと思ってくれそうか?
    ・どうしたら自分の商品やサービスを購入・成約してくれるか?

などなど、
ペルソナさんの感情の流れや考え方、感じ方。

ネット上であなたを見つけるところから
あなたに興味を持って有料サービスに申し込んでくれるまでの流れ。

それを実際の現実世界で1つ1つ具体化して行けば
あなたのペルソナさんに特化したマーケティングは組めます。

 

ここまで自分のビジネスに繋がってくれるペルソナさんを極限まで作り上げるからこそ
自分は自分”だけ”のペルソナさんに向けた発信や商品・サービスを考え提供すればいいわけですから
自然と周りを気にせずマイペースにビジネスを続けられます。

 

だって、
あなたが一番価値提供できるあなただけのペルソナさんなんですから
あなた以上に悩みを解決できる人っていないわけです。

 

だから、

    あなたはただ自分のペルソナさんとどうしたら接点を持てるか?
    どうしたらネット上の広大な場所からペルソナさんに見つけてもらえるか?
    ペルソナさんにもっと価値提供していくには、なにが必要か?
    ペルソナさんの悩みをもっと高い確率で解決するにはどうしたらいいか?

それを考えてビジネスを展開していけばいいんです。

 

この文脈にあなたとペルソナさん以外一言も出てきません。

それこそが僕の発信している

「マイペースに」

の理由です。

 

今まで解説してきた一連の流れでビジネスを組んで
ビジネスを続ければ続けるだけ、
このペルソナさんの「解像度」(より具体的で鮮明なイメージ)
あなたの商品・サービスの価値提供できる領域は高まります。

 

解像度が上がれば、
その分ペルソナさんに刺さる発信やコンテンツ・サービス提供ができるんです。

 

より刺さる発信やサービス提供ができれば
それがそのまま選ばれる理由になります。

 

よりたくさんの人から選ばれれば当然、成果や報酬は上がります。

 

だから、
発信やビジネスを続けた分だけ、あなたのビジネスは加速していくというわけです。

 

これが僕が発信している

『マイペースに続けられる月30万円小型起業』

です。

 

まとめ

 

長いコンテンツにお付き合いおつかれさまでした。

きっと、最初のテンプレの稼ぎ方が・・・
あたりで大半の方が

「長っ!やめよ。」

となるでしょう。

 

そんな中あなたはここまで読んでくれている。

本当にありがたいことです。

それほどに今の現状を変えたい
変えたいと頑張っている。

 

しかし、僕のこの記事を読んでいただいているということは
現状は満足のいく成果につながっていないのではないでしょうか?

違ってたらすいません…

「実はそうなんですよ…」

というのであれば、

そんなあなただからこそ、
僕も何か力になりたい。

 

あなたと同じ状況を何度も経験しています。
だからこそ、その気持ちがよくわかる。

 

現実問題、
経験者と話しただけで状況が変わった。
なんてことはよくあります。

 

知識もある方法論も知ってる、
でも現実問題、
何も自分のサービスを作れていない。

もしくは、成果が出ずに困っている。

 

その原因は

「具体的な行動を起こすに至ってない。」
もしくは
「自分が何をすべきか決めきれていない。」

このどちらかです。

 

 

そんな方に向けて僕、こばがあなたの現実的な行動をできるように、お手伝いをします

 

具体的には

    どんな行動を取れば理想の成果につながるのか?
    どこが原因で行動の具体化ができていないのか?
    どこが原因で成果につながっていないのか?

それをあなたと一緒に探して解決までお手伝いします。

 

対話の中から何が原因で行動できていないのか。
それを見つけます。

 

今までの例ですと、
話すことで自分の思考が言語化されて
自分で何をしたらいいのか?
それをみなさん自身で発見してもらっています。

 

そう、すでにあなたの中に「解決策」はあります。

 

ただ、それを自分で気がついていないだけです。

そのお手伝いを僕がします。

 

そんなきっかけを僕があなたに提供します。

 

提供するのは

「無料コンサル権利」
「トライアルコンサル募集」

普段は導線の中や不定期でしか募集していない
「無料コンサル」と「トライアルコンサル」をこの場でオープンに提供します。

 

「記事を見た」と発信媒体でお伝えいただければ、
無料コンサル希望なのか?
トライアルコンサル希望なのか?

お聞きして、お互いのタイミングを見て時間をお取りします。

 

こばの公式ラインへ

 

こばのTwitterへ

 

ちなみにこちらの記事で
「トライアルコンサル1週間で独自サービス初成約の事例」
を公開しています。↓

トライアルコンサル事例へ

 

あなたの現状からお話しいただいて

    どうしたら問題が解決できるのか?
    どうしたら収益化できるのか?
    もっと収益を伸ばすには?

などなど、相談内容はなんでもOKです。
あなたのお悩みを話してください。

 

何話していいのかわかんないよ。
今の自分の考えを聞いてくれ。
ただ今の悩みを聞いて欲しい

というのでも構いません。

僕が勝手にあなたに話を聞いていきますから
あなたはただ僕と話すだけでOKです。

そこから解決のヒントが見つかるなんてことは今まで何度もありました。

 

難しく考えずに遠慮なくきてくださいね。

 

僕もいろんな方と話すことでメリットもたくさんあります。

「僕の発信を見てくれてる方が
どんなお悩みを持っているのか?」

それが知れるだけでも大収穫。

これ以上ないリサーチになります。

 

ですから、
実はお互い「win-win」なんですよ、相談って。

    あなたは解決のヒントがもらえる。
    僕は市場のリサーチになる。

こんないい循環を起こせるなら遠慮なく使ってください。

 

「ちょっと興味あるな」

というあなたは連絡ください。

あなたにとって無駄な時間にはさせません。

それはお約束します。

 

それではDMまたはチャットの中でお会いできるのを楽しみにしています。

 

 

ただ一点、お願いですが、
あなたの今を変えるため
僕も、この企画はフルパワーで対応します。

ですので、対応できる数に限りがあります。

対応件数の関係上、一旦閉めることもありますので、
その場合はご了承ください。

僕も全力で対応したいですからね。

気になったあなたはできるだけ早めに連絡ください。

 

それではこのコンテンツは以上になります。

役に立ったな。という方はRTや引用RTしていただけると
めちゃくちゃ喜びます。

引用RTしていただいたら感謝の気持ちで
何かお礼いたします。(返報性の法則ですね)

簡単に説明した部分もありますので、
そこは別でコンテンツ化しようとも考えてます。

興味ある方はフォローなどして待ってていただけると
励みになります。

それでは今回はこの辺で。

また次のコンテンツか無料コンサルの中でお会いしましょう。

こばでした。

それではまた。

 

こばの公式ラインへ

 

こばのTwitterへDM

 

タイトルとURLをコピーしました